• ホーム
  • ゼニカルの効果的な服用方法とは

ゼニカルの効果的な服用方法とは

2019年09月15日
お腹の脂肪を気にする女性

ゼニカルが効くのは、食べた脂肪に対してだけです。
この点を踏まえておけば、効果的に服用するタイミングがわかります。

例えば、ご飯1膳食べた時にゼニカルを飲んでも、全く意味はありません。
ご飯の栄養素はほぼ100%炭水化物ですから、脂肪の分解吸収を阻むゼニカルの出る幕はありません。

今度はステーキを食べた時を考えてみます。
ステーキの栄養素は脂肪とたんぱく質がメインです。
ステーキの種類によっても違いますが、脂肪分が多めです。
ダイエットのためにゼニカルを使うのはこういう食事をした時です。
つまり、肉などの脂肪分が多めの食事を摂った時です。

食事の最中か、もしくは食後30分以内に飲みます。
食事に時間がかかる場合には、食後に飲むとすでに脂肪が分解され始めているので、食事の間に飲んでおくようにします。
基本的には毎食1錠ずつ飲めるようになっていますが、毎食飲まなくても良いです。
油分の多い食事の時だけ飲むようにしても良いです。

ゼニカルを飲むタイミングですが、「どうせならば食前に飲んでも良いのではないか?」という疑問も聞かれます。
しかし、食前に飲んでしまうと有効成分オーリスタットの効果が薄れてしまうので、効果的に飲みたいならば食中~食後30分以内に飲んだ方が良いです。

この理由は、脂肪分解酵素のリパーゼの性質が分泌されるタイミングにあります。

胃に食べ物が入った後、リパーゼの分泌は盛んになります。
ゼニカルはこのリパーゼの働きを邪魔するための薬ですから、リパーゼが分泌されるタイミングを見計らって飲むのがベストという事です。

ゼニカルはいつ飲んでも全く同じ効き目、という薬ではありません。
最大の効果を発揮させたいならば、リパーゼの働きを阻害させやすい食中~食後30分以内に服用しましょう。