• ホーム
  • ゼニカルのジェネリック医薬品の種類と効果

ゼニカルのジェネリック医薬品の種類と効果

2019年08月31日
測定用メジャーと体重計を持っている女性

脂肪吸収を抑えて痩せさせるダイエット薬ゼニカルには、ジェネリック医薬品もあります。

種類も色々あり、オルリファスト、ビーファット、アライ、オリベット、などがあります。
このうち最も安いのがオルリファストで、ゼニカルの5~6割程度の値段で扱われています。
ビーファットはゼニカルとコストはほとんど変わりません。
アライはゼニカルだと効果が強すぎるという人におすすめのジェネリック医薬品です。
オリベットはテレビなどでも取り上げられた事がある有名な商品です。

ジェネリック医薬品というと「先発品のゼニカルとは効果が違うのではないか?」と思われるかもしれませんが、効果はほとんど変わりません。

オルリファストは有効成分120mg、ビーファット、アライ、オリベットは有効成分が半分の60mg配合されています。

ゼニカルだと効果が強すぎるという人は、あえて有効成分が半分のジェネリック医薬品を使うという方法もあります。
コストパフォーマンスを考えれば、アライかオリベットという選択肢になりますが、アライは人気があって入荷待ちになっている事が多いです。
確実に手に入れるならば、オリベットが良いかもしれません。

ゼニカルとほとんど変わらずに使いたいのならば、オルリファストを選択すると良いでしょう。
有効成分にオーリスタットが使われているところも同じですし、有効成分の配合量も同様です。

なぜ安く提供できるのかと言えば、ジェネリック医薬品(後発品)には研究費や開発費の上乗せのお金がかかっていないからです。
特許が切れた事でどのメーカーでも扱えるようになったため、薬の研究費や開発費を引くことが出来ます。

安いからといって効かないわけではありませんので、ゼニカルのジェネリックで痩せてみることを検討されるとよろしいかと思います。